お客様から喜ばれ、働く社員から喜ばれ、
そして、すべては患者さんのために

アプシェは医師・薬剤師から信頼を得、医療に貢献できるMRの育成を目指しています。個々のMRの営業力を底上げし、Drニーズの検証なども行いながら「気付きあるMR活動ができる」実践的な研修プログラムを取り入れるなどMRのボトムアップだけでなくチーム力の向上、リーダー育成サポートなどあらゆる角度から個々をサポートできる体制を展開しています。

アプシェのサポート体制

個々の育成・サポートに注力

アプシェではMR一人ひとりの「MRカルテ」を作成し、MRの知識や経験領域、スキルやキャリアプラン等を基に次のプロジェクトに向けてサポートする体制を構築しています。プロジェクトを担当するマネージャーがMRのキャリアをカウンセリングしながら、MRの要望にそった教育プログラムを選択し、キャリアデベロップメントを共に構築していく仕組みを取り入れています。
また、女性の社会進出の増加に伴い、ワークライフバランスをサポートすることも企業として重要な責務となってきています。
アプシェでは、MRとして働きながら育児や介護などのサポートとして、週3日や一日数時間というような働き方のプロジェクトもあります。

MR・MSL育成理念
研修・教育
  • 個々の成長・個性に合わせた研修体系
  • クライアントニーズに応えるプロジェクトの特性に合わせた研修
  • プロを創生するマインド醸成
プロジェクトマネジメント
  • 個人ごとのきめ細やかなフォロー
  • 成果創出を促進するマネジメント
  • 目標達成に向けたサポート
採用・配属
  • コントラクトMR・MSLとして現場で成果を出すマインドと資質をもった人材の採用
  • 優秀な人材を確保し新たな活躍のステージを提供

アプシェの教育・研修

充実したプログラムでスペシャリストを育成

「医師のニーズ」を把握するスキルトレーニングとして実績を残している『MRのディテーリング研修プログラム(以下PRT)』は当社のMRだけでなく製薬企業のMRのトレーニングにも導入していただき、領域やMRのレベルに応じたカスタムメードを心がけています。
数多い実績を積むことで領域毎のベンチマークが出来、製薬企業向けにはキーメッセージの検証等のマーケティング的な活用から、営業所、支店単位での強み弱み分析まで様々な目的で活用頂いています。アプシェのMRに対する活用としては、将来的には当社のMRが領域のどのレベルに位置できているのか、自分の伸ばすべきポイントを明確に出来るようプログラムをバージョンアップさせています。

MR教育体系

MR教育体系図

プレゼンテーション、マーケティング、セリングスキル等のベーシックスキルからより高度なスキルまで、MRにとって重要なスキルを身につけておくことは、どの領域を担当しようとも必要な武器になると考えています。

アプシェのMRは、2~3年毎に製薬企業でさまざまな領域を担当します。既に3プロジェクト、4プロジェクトを経験したMRも在籍しています。CSOの特徴として、顧客が注力する領域や製剤を扱うことが多いのですが、昨今の時流はアンメッドメディカルニーズの高いニッチな専門領域に徐々にシフトしているため、その道一筋というスペシャリストのMRが日本に数多くいる訳ではないのが現状です。

一方、MRの転職の理由に多くある「経験はないが新しい領域にチャレンジしたい」という思いがあるのも事実です。

企業のニーズとMRのウォンツを事前に準備しマッチングさせることが、我々が出来る新たな価値創造なのではないでしょうか。

準備段階から何を身に着けておけばいいのか、どんなスキルが必要なのか、単に知識だけを教えるのではなく、特定の製剤を持たないCSOだからこそ出来る領域という観点での教育方法ではコンサルティング的なMRを目指すことも可能かもしれないと感じさせます。
アプシェでは、将来的に需要がある幾つかの領域に特化し、事前にE-ラーニングや集合研修などで一定レベルまで引き上げておく教育体制も展開しています。

MSL教育体系

アプシェではグローバルモデルをベースにMSLの研修を行っています。
経験者であっても未経験であっても、スキルや課題解決など常に自身のスキルアップに繋がる研修サポートを行っております。
MSLの配属後には製薬企業のMSLも参加しているMSL研修を受講します。
他社にない実績と経験からうまれた独自の研修プログラムでMSLの皆さんをサポートしています。

MSL教育体系図

Medical- PRT プログラム

PRTプログラムは、MRが臨床医にロールプレイを行う研修プログラムです。
評価結果の分析により、医師の処方意欲との相関関係が強い要素の抽出、キーメッセージの浸透度の確認等も可能です。
治療方針、処方動機、処方の障害などの収集された情報は、様々な場面でご活用頂けます。

PRT

Capavility Development プログラム

英国MSLコンサルティング会社Tardis Medical Consultancy 社(TMC)が独自に築いたMSLに特化した実践的コミュニケーションスキルプログラムです。TMCは欧米で多くのMSL教育を実施してきたノウハウがあり、アプシェではそのTMCの経験とノウハウを日本市場にカスタマイズし、日本でMSLを目指すMRの為のトレーニングプログラムを開発しています。
勿論、当社のMRにもこのトレーニングを受けてもらい、新しいキャリア創造に繋げていきます。既に導入から3年。多くの製薬企業のMA/MSLの方がこのプログラムを受講しています。

Capavility Development

メディカルアフェアーズ研究会

アプシェではMAに関わる最新の情報の提供、参加者同士の意見交換の場として毎回、業界内の多彩な演者を招聘しMA(メディカルアフェアーズ)研究会を定期的に開催しております。

アプシェのMSLはこの研究会の参加も可能で、最新の話題や情報を習得する場として活用いただきます。

研究会の様子

MR集合研修

配属される企業毎に3,4か月に一回、全国のMRが集まって学ぶ機会があります。
製品知識のフォローアップ、成功事例の共有やスキルアップ、コンプライアンス研修等毎回テーマを変えて実施しています。
また、普段なかなか会えない同僚との情報交換や本社スタッフとの近況報告の場としても活用しています。

MR集合研修の様子

キャリア形成

自己能力開発も可能なキャリア形成

他の領域を担当するMRがどういうスキルと知識を身につければ、専門領域MRとして活躍できるのか。少なくとも2つのプロジェクトを担当しプライマリー領域を含め複数の領域を経験していること、病院を担当した経験を持っている等の一定の基準をクリアすれば、アプシェのMRであればだれでもチャレンジできるよう門戸を広げています。
アプシェではMR一人ひとりの「MRカルテ」を作成し、MRの知識や経験領域、スキルやキャリアプラン等を基に次のプロジェクトに向けてサポートする体制を構築しています。プロジェクトを担当するマネージャーがMRのキャリアをカウンセリングしながら、MRの要望にそった教育プログラムを選択し、キャリアデベロップメントを共に構築していく仕組みを取り入れています。

スペシャリストCMR × ゼネラリストCMR

アプシェのMRであれば幅広い領域を経験するゼネラリストを目指すことも、専門領域に特化してスペシャリストを目指すことも可能です。また特定の地域で長年MR活動を行うことにより地域連携スペシャリストを目指すことも可能です。

そういった自分の強みを作り、自らが目指すキャリアを会社の成長と共に拡げていくことが可能なのもアプシェのMRの特徴です。

領域スペシャリスト

一つの領域をさらに深堀し、専門知識を深めることはアプシェのMRなら実現可能です。
このような幅の広げ方は従来の方法とは異なり医師との関係構築にもおおいに役立つでしょう。

専門領域認定制度

MRは人の生命に関わる仕事でありその思いと共に、医薬品に対する専門的な知識とスキルを向上させることが求められています。自己研鑽をし、自らの価値をさらに高めていこうとする社員にアプシェは、その意思と努力を認め社内独自の認定を実施しております。
まだ経験のない未知の領域のチャレンジのため、既に経験している領域ブラッシュアップのため、用途は個々に違うかもしれませんが、一人一人の知識とスキルの向上は会社としてのパワーアップにつなげていきたいと考えております。

ページトップリンク