アプシェMRの多様な働き方

3つのキーワード

MRが活躍できるフィールドが多様になってきています。アプシェでは3つのビジネスキーワードを軸に新たなニーズから
MR経験をいかした働き方を提案し活躍いただいております。

E-ディテールMR・MSL

医師からのリクエストで、訪問ではなくITツールを用いてディテーリングを行うサービスです。
企業との契約により異なりますが、MRとの連携や自ら訪問するということもあります。

例えば)

  • 製薬企業での医師問い合わせなどの対応
  • 希少疾患など通常のMR活動ではカバーしきれないエリア・施設の対応

等があります。

サポートMR

女性の社会進出の増加に伴い、ワークライフバランスをサポートすることも企業として重要な責務となってきています。
アプシェでは、MRとして働きながら育児や介護などを支援するサービスとして、週3日や一日数時間というような働き方のプロジェクトもあります。

シェアードMR

複数企業を担当するケース

異なる領域で競合とならない製品をもつ複数の製薬企業と契約し、製品のディテーリングを行うスタイルです。
MRはアプシェの名刺で、施設に訪問しターゲット施設での情報提供活動を行います。

1社の企業で複数領域を当するケース

1社の製薬企業と契約し、複数の事業部での製品のディテーリングを行うスタイルです。
クライアント所属で、従来のパターンと同じく、施設に訪問しターゲット施設での情報提供活動を行います。

ページトップリンク